ロゴ

鍛冶・金属・鉄骨工事、修繕工事のことなら谷元工業にお任せください

0120-296-703
資料請求・お問い合わせ

新着情報

HOME > BLOG > 金属工事って? 04

金属工事って? 04

2020年5月11日

金属工事って? 04

愛知県豊橋市を拠点にして、名古屋を中心とした広く東海地方にわたって、高層建造物、工場、マンションなどの大型建造物の鍛冶工事や溶接工事から、住宅の外構フェンスや駐車スペースのカーポート、倉庫のシャッターや門扉、屋外の階段などの鉄製部位の補修工事まで、スチール、ステンレス、アルミ、銅、真鍮などを用いた鍛冶工事、溶接工事、建築金物の加工から取り付け工事など、金属加工のことなら広く請け負っております、谷元工業です。

こんにちは、谷元工業広報担当のAです。
近年、新しく建物を建て直すということより、建物を修繕して長く使うということや、古民家の再生など、いわゆるリフォームやリノベーションへの関心が集まっています。そうした中、金属工事の需要も増加し、その重要性が高まっています。
金属は建物を補強するための重要な素材ですし、屋根や外壁などのエクステリアを取り換えて、建物の印象を一新させるためにも最適な部材です。
外構でいえば、外壁のさらに外側に、細長い板を縦、あるいは横に並べて設置して、風通しの調整や日よけとして使う、いわゆるルーバーは、その素材がアルミなどの金属であれば、金属工事として扱われます。
また、社会の高齢化に伴う建物のバリアフリーへの要望が増していますが、そこにも金属工事は大いに利用されます。手すりの設置や補修、スロープやフェンス、デッキの設置などは、まさに金属工事の範疇です。
また、釘や蝶番、把手というような建築金物、あるいは雨どいや階段のすべり止めなどの設取り付けや交換も金属工事の重要な仕事のひとつです。
このように、ひと言で金属工事と言っても、その内容は多岐に渡り、必要とされる知識や技術も幅広く専門性の高いものになります。

谷元工業では、鍛冶工事から溶接工事、金属加工、サビ止め塗装など鉄材の工事はもちろんのこと、アルミやステンレスなどの加工、製作からモルタル下地、見切枠、根止ピース、プレート、ブランケットなどの製作から、目隠し、手すり、階段、架台などの建築金物まで、さまざまな金属加工製作を取り扱っております。複雑な曲面への施工や細かい作業が必要な場合は、是非谷元工業にお任せください。
谷元工業は、これまで積み重ねてきた実績と知識、そして経験を最大限に活用し、鉄や金物に関する工事にすべて対応できるよう「挑戦」し続けます。東海地方での鍛冶工事、金属工事なら谷元工業に安心してお任せください。

鉄骨・鍛冶工事のことなら、お気軽にどうぞ!

0120-296-7030120-296-703

【受付】年中無休10:00~18:00

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

固定電話・携帯電話・IP電話の一部でつながらない場合やつながりにくい場合もございます。
その場合、お手数ですが0532-88-1633の番号にご連絡をお願いいたします。