鍛冶・金属・鉄骨工事、修繕工事のことなら谷元工業にお任せください

0120-296-703
資料請求・お問い合わせ

新着情報

HOME > BLOG > 鉄骨住宅の良さ 04

鉄骨住宅の良さ 04

2019年7月17日

鉄骨住宅の良さ 04

愛知県豊橋市にて、名古屋を中心とした東海地方における、高層建造物、工場、マンションなどの大型建造物の鍛冶工事や溶接工事から、住宅の外構フェンスや駐車スペースのカーポート、シャッターや門扉などの鉄製部位の補修工事まで、鍛冶工事、溶接工事、建築金物の加工から取り付け工事を請け負っております、谷元工業です。

 

こんにちは、谷元工業広報担当のAです。

 

鉄骨造(S造)住宅のメリットとデメリットを説明させていただいております。

 

鉄骨造住宅は、木造住宅に比べて耐震性、耐久性、遮音性が高いとされていますが、耐火性については、必ずしも高いとはされていません。長時間の火災には弱いとされているデータもあります。鉄材という構造体の熱伝導率の高さがその原因です。鉄骨の熱伝導率の高さは、火災時だけでなく、普段の生活にも影響します。熱伝導率が高いということは遮熱性が低いということとイコールです。そのため、外気温の影響を受けやすく、夏の暑さや冬の寒さといった気温の変化に室温がかなり影響されることになります。

またそれ以外にも、気密性が高いため、結露やカビが発生しやすいという問題があります。

しかし、遮熱性や結露、カビの発生といったこれらの問題は、現在の空調設備や壁材、床材といった素材技術の進歩により、かなり改善されてきました。そのため、あまり問題視するのも現状とかけ離れた指摘になってしまうかも知れません。しかし、そういった最新の素材や設備は、やはり高価なものが多いため、その分費用が高くなってしまうことにも繋がります。

かといって、あまりに安価な設備や素材を使用してしまうと、鉄骨造住宅のメリットである耐用年数の長さを損なうことにもなりかねませんので、住宅を建てる場所の気候風土に合った素材や設備を用いることが重要となります。

 

谷元工業では、鍛冶工事から溶接工事、金属加工、サビ止め塗装など鉄材の工事はもちろんのこと、アルミやステンレスなどの加工、製作からモルタル下地、見切枠、根止ピース、プレート、ブランケットなどの製作から、目隠し、手すり、階段、架台などの建築金物まで、さまざまな金属加工製作を取り扱っております。複雑な曲面への施工や細かい作業が必要な場合は、是非谷元工業にお任せください。

谷元工業は、これまで積み重ねてきた実績と経験を最大限に活用し、鉄や金物に関する工事にすべて対応できるよう「挑戦」し続けています。安心してお任せください。

 

 

 

 

鉄骨・鍛冶工事のことなら、お気軽にどうぞ!

0120-296-7030120-296-703

【受付】年中無休10:00~18:00

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

固定電話・携帯電話・IP電話の一部でつながらない場合やつながりにくい場合もございます。
その場合、お手数ですが0532-88-1633の番号にご連絡をお願いいたします。